援交掲示板ランキング
LOVE
LOVEのバナー
今話題の出会える出会い系サイト
LOVEを一言でまとめると「健全な運営実績のある出会い系サイト」と言えます。どの口コミを見てみてもサイトの機能が使いやすく、パートナーが見つけやすいと非常に満足している方が多いですね。
もう自分の色恋沙汰に後悔をしたくありません。良い人呼ばわりされるのはもうコリゴリ・・・私の気持ち受け取ってくれるエッチな男性が現れると良いな。
詳細はこちら
FirstMail
FirstMailのバナー
地域別で選択できるから早い
FirstMailは知名度があり、会員の数が日々増加しています。利用者の口コミでも良好ですが、ときどきひやかしのユーザーもいるみたいなので注意は必要です。 気軽な関係から始めたいという女性も多いのメル友からがおすすめ!
Hなオジサマ!一夜の冒険をしませんか?大人のお付き合い希望します!未婚ですけど、東京に婚約者がいるので、秘密厳守で!体の寂しさを慰めてくれる、セフレ募集です。
詳細はこちら

援助交際の基礎知識!隠語の意味は?そこからセフレになれる?

援助交際というのは、男性が、女性に金を支払ってセックスをすることですね。これは実は犯罪行為に該当しまして、法律で禁じられているのですが、なぜほとんど野放しになっているのかというと、セックスに対する報酬を支払ったということを立証するのが非常に難しいからなんですよね。ただのお小遣いだと言われれば、それ以上追求はできなくなってしまいますし、交通費の名目で渡すという人も少なくありません。だからこそ援助交際は、男性にとっては、気軽にセックスをする手段として、女性にとっては、お小遣い稼ぎの方法として、一般的になっているのです。

この援助交際をする方法は、至って簡単。ネット掲示板にでも書き込んでおけば、お金を欲しがっている女性からメールが届くでしょう。もっと確実にやりたいという場合には、出会い系サイトを使うのが最適です。なぜかというと、出会い系サイトに登録して、セックスの相手を探している女性の大半が、お金目当てだからです。援助交際をしたがっているからです。

たとえば「セフレ掲示板」というのが、ひとつの出会いを探す場所として、出会い系サイトの中にあったとします。現にそういったものを設置しているサイトがほとんどです。すると、その掲示板はほぼすべて、援助交際を求める書き込みに埋め尽くされるのです。いわばそこは、セフレを探すための場所ではなく、援助交際の相手を見つけるための場所となるんですね。

ですから、セックスの相手を探している女性のほとんどが、ではなく、肉体関係ありきの関係を提案している女性のほとんどが、お金目当てであるといったほうが正確かもしれません。出会い系サイトで、セックスさせてくれるらしい女性は、ほぼ全員が、援助交際を求めているのであり、男性がお金を払わずにセックスをするのは、いまや難しいこととなっているのです。

それであれば、ひとつの考え方として、もう開き直って、お金を払ってしまうというのもありかもしれません。どうせ、セックスフレンドを見つけるのは難しい。だったら、風俗と同じ感覚で女性とセックスしよう。そのように割り切ってしまったほうが、少なくとも、出会い系でセックスの相手が見つかるまでにかかる時間は短くなるでしょう。

さて、援交をする方法についてですが、出会い系サイトならば、これはもう、援交目当ての女性にメールを送るだけで構いません。向こうはお金をくれるという男性はなんとしても捕まえたいと思っていますから、必ず返事をくれるはずですし、早ければその日のうちに会うといったことも可能だと思われます。

隠語の意味

しかしそれには、女性らが使う隠語について、知っておかなければなりません。まず、援交を目的としている女性は「優しい人」「条件あり」「サポ」「パパになってくれる人」などの言い方で、自分が援助交際を目的としていることを示します。まぁ、サイトに出入りしている女性のほとんどがこれなので、掲示板はこの手のワードに溢れかえるわけですから、探すのには苦労しないでしょう。そうして、書き込みの詳細を閲覧しましたら、そこに条件が書かれていると思います。たとえば「ホ別②」といった言い方。これは、ホテル代とは別に、二万円ほしいです、という意味です。すこし多めに、三万円ほど持っていけば事足りるでしょう。

その他にも、「穂別苺(=ホテル代別で一万五千円)」などといった言い方をする人もいますが、最近は「ホ別②」というふうに言っている女性が多いように感じますね。その②の部分が、たとえば3とか5になっていれば、三万円、五万円と払うことになりますので、注意してください。それだけの額を請求することには何か理由があるのか、と思われるかもしれませんが、多くの場合、自意識過剰なだけで、特別ということはありません。つまり、援交をする場合には、高いお金を払う意味はあまりないということになります。

どうしてこのような、隠語を使って相手を探すのかというと、先述のように、援助交際は犯罪行為であって、サイトからも、そのような書き込みは禁止されているからです。でも、隠語を使っているとはいえ、これが何を意味しているのかはわかりますよね。ではなぜ、出会い系サイトは、援助交際の書き込みを放置しているのでしょう。

援交放置の理由

それにはまず、女性が出会い系サイトで援交をする理由を知っておかないといけません。出会い系サイトにいる女性のほとんどが援交目当てというのは、もうすでに述べたことですが、なぜそれほどまでに、全員が足並みを揃えて援交をするのかというと、単に「他の人もやっているから」なんですよね。

ただセックスをするよりも、お金をもらえたほうがいいことに間違いはありません。男性だって、貰えるものならば、貰いたいですよね。このように、女性は、お金が欲しいと言えば誰かが買ってくれるから、そして、出会い系サイトには援交目当ての人が多く、男性はお金を払わないとセックスすることができないのを知っているから、援助交際を始めるのです。特にお金に困っているわけでもなく、セックスの相手を探すついでに、お小遣いも貰ってやれと考える女性がほとんどなんですよね。それはどこの出会い系サイトに行っても変わらないことです。

それでは、出会い系サイトが、隠語を含む、援交関連の書き込み、及びやりとりを全面的に禁止したらどうなるでしょうか。そのサイトは、セックスついでにお小遣いも貰ってやろうと考えている「大多数の」女性にとっては、まったく無価値のものとなります。そうなればどうなるか。もちろん、他の出会い系サイトを使い始めますよね。そのサイトに女性会員が少なくなれば、必然的に、男性会員も減っていきます。援助交際を目的としている男性は間違いなく、そのサイトを去ることでしょう。出会い系サイトの収入源は男性ですから、女性会員の減少は、サイトの利益減に直結するということです。だからこそ、出会い系サイトは援交を黙認して、隠語を使っているぶんには、何も言わないのです。

どうして隠語を使っていればOKなのかというと、それは、出会い系サイト自体が、あとで援交が問題になったときに言い逃れができるからです。まさか援交の書き込みだとは思わなかった、そんな隠語があるとは思っていなかった。こんなふうに言って責任逃れをすることができるのです。本当に援交の書き込みなのかどうかわからないのに、処分することはできないでしょう?と言うことだってできます。このような事情から、出会い系サイトは、隠語を使っている人に関しては、一切何も言わないのです。

もっとも最近では、堂々と「ホテル代別で二万円ほしい」などと言ってくる女性も増えてきたように思うんですけれどね。それが野放しになっているというのは、出会い系サイトも、そのお金のやりとりが援助交際にあたるのかどうかわからない、といった解釈で運営をしはじめたからなのかもしれません。今から十年ほど前は、援交の書き込みはダメだったんですけれどね。私は「お金ほしい子いたら連絡ちょうだい」と書き込んで強制退会になったこともありますから。

援交からセフレになれるか?

これから援助交際をしようという男性にとって、いちばん気になるのは、そこからセックスフレンドといった関係性への発展が見込めるかどうか、ということではないでしょうか。

ではどうなのかというと、それはその女性との相性にもよりますので、一概には言えないのですが、「なくはない」と結論づけることができます。事実私は、援交からセフレになったという人をたくさん知っていますし、そういう事例がないというわけではないのです。

しかし、これは結構難しいことであるとも言えます。なぜなら、その女性は、お金を貰ってセックスするというのを目的にしているのであって、もしあなたが「これ以上は払いたくない」「セフレでやっていきたい」と言ったら、他にお金をくれる男性はたくさんいるのですから、そちらに走ってしまう可能性が高いんですよね。よって、援交からセフレになるには、お金なんて要らないからこの人と一緒にいたい、と思えるような何かが、あなたになくてはならないのです。

それはどういったものでしょうか。たとえば、セックスのうまさですよね。援助交際を、完全な職業として捉えているのではなく、軽い気持ちでお小遣いをねだっている女性は、少なくとも、セックスがある程度好きだからそうしているのであって、巧い人を見つければ、その人と長く関係を続けたいと思わないことはないでしょう。だとすれば、あなたが、その女性を、今までにないくらいに気持ちよくさせてあげられたら、それ以降はお金は要らない、ということになるかもしれません。あるいは、セックスでなくとも、あなたが、その女性にとって本気で好きになってしまうくらいに好みのタイプであったなら、向こうから、もうお金はいらないとの申し出があるかもしれません。

援交からセックスフレンドになるケースのほとんどは、セックスのテクニックで圧倒するか、あるいは、その女性が相手男性に惚れ込んでしまうか、このいずれかだと思われます。これは容易なことではなく、ましてや、狙ってできることではないと思います。容姿の問題もありますし、人それぞれ好みは違うのですから、たとえあなたが一般に言う「イケメン」であったとしても、その女性が「次回からはタダで」と言ってくれる可能性は極めて低く、またそのようにお願いすれば、他の男性に行ってしまう可能性は高いんですね。

ですから、援助交際からセックスフレンドへ発展するというのは、初めからそれを期待するのではなく、あくまでも付随的なものとして、おまけとして考えておくべきでしょう。風俗に通いつめていると、ときたま、奇跡的に相性のいい女性が見つかって、そこからプライベートな関係に発展するということはあります。それと同じで、初めからセフレを期待するのではなくて、そうなったらいいな程度に考えておくのがちょうど良いでしょう。

最初無料は罠?

そんな男性にとって、魅力的な書き込みをする女性を、出会い系サイトでは多数見かけます。それは「最初はお願いありで」という書き込みです。お願い、というのはもちろん、金銭的な援助のことを指しているのですが、もしその女性と会ったなら、最初の一回だけお金を払って、あとはセフレになれるので、男性にとっては願ってもない好条件だといえるでしょう。

しかし、ここには罠が潜んでいるのです。そういった書き込みがあると、セフレのほしい男性はどうしても、連絡をしてしまいますよね。そうしてお金を払う。次からはタダだ、と喜ぶことだと思いますが、たぶん、その女性とは二度と連絡が取れなくなるでしょう。初めの一回だけサポあり、というのは、男性を釣り、確実にお金をもらうための餌であることがほとんどなんですね。その最初の一回で貰うお小遣いを積み重ねて、大金を得ようとする女性らが使う手口なのです。

セフレを欲しがっている男性はたくさんいますから、取っ掛かりはよく、普通に援交相手を募集するよりも、たくさんの男性からメールが届くはずです。お金はできれば払いたくないけれど、最初だけでいいなら、と思ってメールをする男性もたくさんいるでしょう。そういった男性に払うものだけ払わせて、あとは連絡が来ても無視。それが彼女らのやり方なんですね。

非常にあくどいやり方ですが、こういった女性らは、どうしても金がほしいと思って、なんらかの事情を背景に援交をしていることが多いので(たとえば借金など)、それだけ必死になるのも無理はないかなと思います。しかし汚い手法であることには違いがないですよね。みなさんも、その女性が「初めの一回は――」と言っている場合には、セフレに発展するようなこともほとんどない、皆無だと思われますので、相手にしないようにしてくださいね。

以上が、援助交際の基礎的な知識になります。援交も、うまくすれば、セフレを探す手段として機能します。悪い女に引っかからないようにだけ気をつけて、出会い系サイトで、相手を探してみてください。